はじめに


アフィリエイトサイトを独自ドメインで運営する場合、レンタルサーバーと契約する必要があります。私もそうなのですが、初めての契約だと人気サーバーを選びがちです。例えば、エックスサーバー、カゴヤ・ジャパン、さくらのレンタルサーバなどは、パフォーマンスが高く利用者も多いと言えます。


しかし、契約後にサイト量産をしていると、1つの壁(見落とし)にぶつかります。それは、契約プランごとのデータベース(MySQL)の数です。WPやMTでサイトを作成するには、このデータベース(MySQL)が必要になるのです。


申し込んだレンタルサーバーに「MySQL:3」と書いてあれば、WPやMTを3つしか運営できません。大規模サイトを運営するなら3つで十分ですが、ペラサイトや小規模サイトを量産する予定だったなら物足りないはずです。そこで、データベース(MySQL)無制限、月額1000円以下のレンタルサーバーをまとめてみました。私の個人的なメモでもあるので、活用してみてください。



抽出対象となるレンタルサーバーの条件


まとめたレンタルサーバーは、データベース(MySQL)無制限、マルチドメイン100個以上、月額1,000円以下、日本語対応サイトの4つから絞りました。


データベース(MySQL)無制限とマルチドメイン100個以上は「サイト量産」、月額1000円以下は「費用」、日本語対応サイトは「万が一の時のサポート」という理由からです。それでは対象となった激安レンタルサーバーを掲載していきます。



契約しちゃおうかなと思えた優秀な激安レンタルサーバー


mixhost (ミックスホスト)




どのプランを選んでも、マルチドメイン・データベース(MySQL)は無制限。ディスク容量に大きな違いがある感じ。mixhost (ミックスホスト)は、無料お試し期間が30日と長く、初期費用0円。そのため、使い勝手を調べるには良いレンタルサーバーですね。


その他の特徴を抜粋すると、ピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバー、WPサイトでも高負荷に耐えられる(LiteSpeed Cache)、WP以外にも数百種類のアプリケーションを簡単にインストールできる、サーバー稼働率99.99%以上(安定度抜群)、自動バックアップなんだそうです。


月額料金の安さから考えると、かなりパフォーマンスの高いレンタルサーバーですね。


https://mixhost.jp/



Quicca(クイッカ)




最上位となるプレミアムプランなら、初期費用0円、無料お試し10日間、月額900円でWPサイトを量産できます。クイッカレンタルサーバーは、知名度もそこそこあるので運営会社としても信頼できる。WP自動インストール機能、7日間の自動バックアップ機能あり。


6ヶ月7,560円(月額1,260円)、12ヶ月10,800円(月額900円)をどのように考えるか。また、コントロールパネルが「cPanel」。海外では主流のソフトだが、日本だと採用しているレンタルサーバーが少なく、使い勝手に戸惑う可能性がある。


http://www.quicca.com/



CORESERVER(コアサーバー)




CORESERVERのスタンダードプラン「CORE-A」が、月額397円/1年契約で使える。MySQL、PostgreSQL、メールアカウント、サブFTPアカウントが無制限。1カ月契約でも月額477円と安い。初期費用は全プラン無料。30日間のお試し期間あり。


個人的に気になったのは、「アダルトサイト」の規約部分(全プラン共通)。「テキストは可/画像・動画は不可」なので、非アダルト画像を使ってのエロ記事を投稿できる。サーバー料金も安いので、出会い系サイト量産に向いているかもしれない。WP自動インストールはないが、量産していれば手動インストールにも慣れるので、出会い系サイトを作れる恩恵の方が大きい。


https://www.coreserver.jp/



レオサーバー




容量や独自ドメイン、メールアドレス、メーリングリスト、データベース(MySQL)、PostgreSQL、SQLite、転送量が無制限で利用できます。


契約料金の幅広さが、レオサーバーの特徴かもしれません。1カ月契約「月額1,050円」、3か月契約「月額945円」、6カ月契約「月額735円」、12カ月契約「月額525円」、24カ月契約「月額498円」、36カ月契約「月額470円」、48カ月契約「月額450円」、60か月契約「月額399円」。


2年以上の契約および割引が用意されているのは、ちょっと面白い。まあ、申し込むなら月額525円の1年契約ですけど。初期費用は1,050円、他社からの乗り換えキャンペーンを利用すれば初期費用が無料になるそうです。(※12ヶ月以上のご契約のみ)


お試しアカウントが発行でき、納得するまでレオサーバーの機能を使える。有効期限は発行から7日間、延長希望を出せば追加7日間となる。他レンタルサーバーの無料お試し期間とは異なり、「お試し用のレオサーバー」が使えるだけなので、期限を過ぎるとアップロードファイルは再起動されるらしい。


ただし、個人的には申し込む予定は一切なし。理由は、「サーバーが不安定」という意見を聞くからです。また、公表されていない容量制限があるそうで、一定値を超えるとアクセス制限を受けるとのこと。激安レンタルサーバーの評判としては、1番あってはならないことなので、候補からは外したいところ。


http://www.leosv.jp/



フレンドサーバー



ベーシックプラン(月額480円~)が該当します。ビギナーからプレミアムまで、全部で5つのプランが用意されており、共通して初期費用は0円となっています。


1番の魅力は、「成人向け(アダルト)OK」という点。月額料金とも関係するのですが、フレンドサーバーは日本語対応の海外サーバーです。だから、アダルトもOKなのでしょう。料金表示は$ドルですが、公式ホームページは完全に日本語となっているので安心です。サポートも日本語対応なんだそうです。


アダルトサイトを運営する場合、ベーシックプランではディスク容量が7GB、転送量/月が300GBなので、大規模サイト(動画・画像まとめ等)には不向きかもしれません。ただし、アクセス数がそこまで増えないペラサイト、小規模サイトなら十分だと言えます。また、30日間の返金保証は設けられていますが、お試し期間はありません。


http://www.friend-server.com/



バリューサーバー




バリューサーバーのスタンダードプランが該当。1年契約4,000円なので、月額360円(税込)。GMOが運営しているレンタルサーバーなので安心感ある。問題点を挙げれば、初期費用が2,160円(税込)かかるところ。


初期費用は掲載画像の通り10日間。WordPress、MovableTypeが3分で簡単インストールできるので、サイト量産に最適なレンタルサーバーの1つ。


https://www.value-server.com/



99円レンタルサーバー




無制限となるのは、月額499円のプランから。どのプランを選んでも初期費用が2000円かかる(キャンペーン中は知りません)。99円レンタルサーバーで気になったのは、公式サイトに掲載されている「新着情報」が2014年11月28日で止まってるところ。管理画面の使い勝手が悪いという評判もあるので、優先的に選び必要はないのかもしれない。


http://99yen.jp/



MUGENサーバー




月額480円で、ディスク容量無制限、メールアカウント無制限、独自ドメイン追加無制限、MySQL、PostgreSQLのデータベース数無制限、サブドメイン追加無制限、データ転送量無制限。コントロールパネルの使用がスマートフォンに対応しており、外出先でも操作することが可能。


初期費用は1050円なので普通。注意点は料金設定。契約期間が1ヶ月だと「2980円」、3ヶ月だと「3980円」、6ヶ月だと「4980円」、12ヶ月だと「5760円」。月額480円というのは、「12ヶ月契約」に申し込んだ時の値段です。あと、試用期間や30日間返金保証がないので、事前に使い勝手を調べられない残念さがある。


http://mugenserver.jp/



ギガレンタルサーバー




通常プランには、「スーパー」から「アルティメット」までの選択コースがあり、大きな違いはDisk容量(月間転送量)。月額1,000円以下という条件では、「スーパー(月額749円)」のみが該当する。


これとは別に「ディスク容量無制限(月額980円)」プランもあり、月間転送量は「スーパー」と同じ180,000MBだが、Disk容量は無制限。WP自動インストール機能なし。


99円レンタルサーバー/MUGENサーバー/ギガレンタルサーバーは、「セブンアーチザンLLC」という会社が運営しています。運営会社が同じなので、ざっくりとしたサービス内容は似ているでしょう。また、値段からも分かるように「99円レンタルサーバー⇒MUGENサーバー⇒ギガレンタルサーバー」の順番でパフォーマンスが高くなります。


http://gigasrv.jp/



美ら海レンタルサーバー



美ら海レンタルサーバーでは、個人向けと法人向けのレンタルサーバーを提供しています。該当するのは、個人向け「Blueプラン」。6ヶ月契約で申込をすると、月額980円で利用できます。初期費用1500円、お試し10日間無料。ディスク容量5GBが気になりますが、ペラサイトや小規模サイトなら問題ないでしょう。


【注意点】2017年9月、個人向け「Blueプラン」「Greenプラン」ともに新規お申し込み停止中です。法人向けプランについては、「新規受付を終了」とあります。申し込みが再開されても、少し様子見が良いのかもしれません。


https://churaumi.me/




激安レンタルサーバーの評価


データベース(MySQL)無制限、マルチドメイン100個以上、月額1,000円以下、日本語対応サイトからレンタルサーバーを探しましたが、あまり大差ないように思えました。極端に料金の安いレンタルサーバーも無かったからです。


違いを挙げるなら、無料お試し期間の日数、初期費用、契約期間の長短、WP自動インストール機能でしょうか。できるだけ費用を抑えたいなら、初期費用0円のレンタルサーバーは外せません。


あと、「月額料金が安い=サーバーが安定しない」ことも考えられるため、無料お試し期間は重要だと思います。アフィリエイトサイトを量産しても、障害ばかりでは意味がありません。サイトが重かったら訪問者も帰ってしまいますからね。


色々なサイトを巡回して、今回取り上げたレンタルサーバーを見つけてきましたが、MUGENサーバー、クイッカ、コアサーバー、レオサーバーをオススメしているところが多かったです。運営者の思惑があるのかもしれませんし、「使いやすい」などのざっくりとした意見ばかりだったので、その点はちょっと。。


個人的な最優先候補を挙げると、コアサーバー(料金安い・初期費用0円・お試し30日・テキストならアダルトOK)でした。アフィリエイト作業をする上で、出会い系広告はどうしても外せませんからね。普通のレンタルサーバーでは、文章だけでもアダルトNGになるため、アダルト専用サーバーと契約する必要があります。こうした問題をコアサーバーなら解消してくれますし、データベース無制限だからWPサイトだって量産できます。


2番目は、mixhost(料金安い・初期費用0円、お試し30日)です。お試し期間が30日もあれば、良い悪いが判断できますよね。仮に契約となっても料金が安く、初期費用が無料なので金銭的な負担も少なくて済みます。まあ、コアサーバーも同じなんだけど。


3番目は、フレンドサーバー(月額480円~、初期費用0円、アダルトOK)です。やっぱりアダルトOKという点はでかい!ただし、海外サーバーという不安、それでいてお試し期間がないため、この順位でした。海外サーバーだと、管理画面や運営サイトの重くなる時間帯も予測できませんからね。


それでは最後に、掲載したレンタルサーバーの概要を載せておきます。




mixhost :月額480円、無料お試し30日、初期費用0円
クイッカ:月額900円、無料お試し10日間、初期費用0円
CORESERVER:月額397円無料お試し30日、初期費用0円
レオサーバー:月額525円(1年契約)、お試しアカウント7日間、初期費用1,050円
フレンドサーバー:月額480円~、無料お試し×、初期費用0円
バリューサーバー:月額360円、無料お試し10日間、初期費用2,160円
99円レンタルサーバー:月額499円、無料お試し×、初期費用2,000円
MUGENサーバー:月額480円(1年契約)、無料お試し×、初期費用1,050円
ギガレンタルサーバー:月額749円または980円、無料お試し×、初期費用0円(条件あり)
美ら海レンタルサーバー:月額980円、無料お試し10日間、初期費用1,500円【新規受付停止】
このエントリーをはてなブックマークに追加