サイト量産⇒ドメイン更新を迎える⇒厳選してドメイン削除


これが量産アフィリエイターならではの仕事と言えます。HTMLサイトであれば、ドメイン取得会社及びレンタルサーバーでの「ドメイン削除」手続きにより、データファイルも一緒に消えてなくなります。


ところが、MySQL(データベース)を使うWPサイトの場合、データファイルは消えますが、MySQL設定は残ったままなんです。


契約レンタルサーバー/プランによっては、MySQLの使用可能数が設けられていますので、使わなくなったMySQLは削除していくべきです。使っていないMySQLが原因で、新規WP・MTサイトが作成できないでは、もったいないですからね。


また、放置していると管理が面倒くさくなるため、早めに対処した方が良いでしょう。


XサーバーでMySQL(データベース)の使用状況を確認する



まずはXサーバーの管理画面にログインします。そして、赤丸で囲った「データベース/MySQL設定」のページにアクセスしましょう。MySQLを使っている人なら、以下のようにデータベースが一覧化されています。



]・・・このマークがあるMySQL(データベース)は、現在使用中という意味です。つまり、マークのないMySQL(データベース)は削除してもOKになります。


]を見間違え誤って削除すると、該当する現在運営中のWPやMTがダメになるので、事前に1度試してみると良いかもしれません。練習用にMySQLを追加して、削除するという実験です。


MySQL(データベース)無制限のレンタルサーバーを使っていない場合、いつかは必ずやる作業ですので、放置せずに実行してみるべきです。万が一のことを考えると不安!という人は、MySQL(データベース)無制限のレンタルサーバーを利用しましょう。